あらゆるカンナビノイドが含まれたブロードスペクトラムとは?

あらゆるカンナビノイドが含まれたブロードスペクトラムとは?

あらゆるカンナビノイドが含まれたブロードスペクトラムとは?

ヘンプ草というのはとても乱暴で間違った考え方、何しろヘンプ草の中には100種類以上のカンナビノイドが含まれているからです。

その中の一つがCBD、そしてヘンプ特有の危険な精神作用を引き起こすTHCがあるというわけです。

取り合えずCBDが効果効能が豊富で良い成分なのだから、CBD単一で精製された製品が良いのではと考える方も多いでしょう。

ですがその他の成分との相乗効果でよりCBDならではの良さが引き立つ場合もあり、決して単体こそがおすすめとは言い切れないのです。

そこで作られるのが、CBDを単一で精製した後にテルペンを加えたもの・CBD以外にいくつかのカンナビノイドが含まれているもの・CBD以外にカンナビノイドが全部含まれているものです。

これと単一の製品、日本では大きく分けて4つの仕様があると思っておいてよいでしょう。

そして、単一製品以外の3つをブロードスペクトラムCBDと呼びます。

BROADというのは「幅広い・大まかな・大雑把な」といった意味を持ちます。

一方ですべてのカンナビノイドが含まれている製品を「たっぷり・一杯」を意味する「FULL」を用いてフルスペクトラムと呼ぶこともあり、一部抜けていようともフルスペクトラム表示を用いている業者もあってと様々です。

取り合えずぱっと見にはどの程度入っているのかは分からない、成分表を確認したり実際に販売店に問い合わせをするしかないというわけです。

入っているものにこだわるのは、どのカンナビノイドが入っているかで効果効能が違ってくるという以上に日本においてTHCが配合されているかどうかが重要視されているからです。

THCこそが幻覚や幻聴といった症状を引き起こす=ヘンプの成分ですから所持しているだけでも違法です。

実際にはフルスペクトラムの製品を使用したところで危険な精神作用が引き起こされることはありません。

何しろ全体の中のほんのわずか、それにCBDがTHCの作用を打ち消してくれます。

逆にTHCがCBDの良さを更に引き出してくれて、よい働きをするのです。

それが分かっているからこそ、単一製品と共にブロードスペクトラムの製品も多く出回っています。

フルスペクトラムにしたところでTHCは0.3パーセント程度、そんな製品なら日本の市場にも入ってきていたりするので気が付かないうちに使用しているかもしれません。

もちろんTHCは違法ですから検査をすれば入っているかどうかは分かる、面倒を避けるために含まれない製品を選ぶべきですが、単体だと効果がいまいちという方はTHC以外のあらゆるカンナビノイドが含まれたブロードスペクトラムに変えてみるのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。